FC2ブログ

ふくれ煎餅 川越の土産

川越の土産は
土産物屋などには行かず


s-20201021IMG_3022.jpg

古いコメ屋だったところに
ふくれ煎餅があったので


s-2020102120201017_140909.jpg

安くて量があるから
買ってみた!!


s-2020102120201017_141010.jpg

見事に膨らんでいて
中身はカラなのには
微笑んでしまった。


s-20201021IMG_2902.jpg

家人の反応は
可でも不可でも無かったが、

あっさりして
マアマア旨かった。


s-20201021IMG_3007.jpg

川越の街は
風情のあるものが
残っていて


s-20201021IMG_3004.jpg

思いがけず
面白かったナァー




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

途中で食べたら負け犬だっ!!

川越の街が賑やかになって、

s-20201016IMG_2916.jpg

美味しそうなものが
イッパイある。


s-20201016IMG_2911.jpg

でもそんなに食べられる
歳じゃないのでない。


s-20201016IMG_2915.jpg

目的の店につく前に
他の物を食べたら
お腹いっぱいになって
負け犬になってしまう。


s-20201016IMG_2917.jpg

ここはグッと堪えて
見て楽しむのだ。


s-20201016IMG_2925.jpg

レンタルの着物を着て
散策をするオネエサンたちに
心が和みますなぁ


s-20201016IMG_2918.jpg

以下アルバムです。

s-20201016IMG_2928.jpg


s-20201016IMG_2932.jpg


s-20201016IMG_2935.jpg


s-20201016IMG_2943.jpg


s-20201016IMG_2940.jpg


s-20201016IMG_2952.jpg

モチョッと歩けば時の鐘、
目指す美味しそうな店がある!!
・・・・・・続く・・・・・


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

川越氷川神社

s-20201016IMG_2859.jpg

川越氷川神社に
行ってみた!!


s-20201016IMG_2881.jpg

縁結び、安産、お宮参りなどが
営業項目だそうだ。


s-20201016IMG_2880.jpg

バエル(映える)絵馬のトンネル

s-20201016IMG_2895.jpg

s-20201016IMG_2897.jpg

竿で釣る鯛みくじ

s-20201016IMG_2887.jpg

s-20201016IMG_2899.jpg

己の穢れを
和紙の人型に託して


s-20201016IMG_2865.jpg

s-20201016IMG_2868.jpg

境内に流れている小川に
流す人形流しは


s-20201016IMG_2871.jpg

なんだかエグイなぁ

s-20201016IMG_2872.jpg

でも、怪しげな気配もなく
楽しい所だったゾウ!!
 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

ハーブ庭園旅日記 勝沼庭園


s-20201003IMG_2712.jpg

ハーブ庭園旅日記 勝沼庭園に
行ってみた。


s-20201003IMG_2707.jpg

入園料は無料ナリ

s-20201003IMG_2713.jpg


s-20201003IMG_2718.jpg

ソフトクリームを食べて

s-20201003IMG_2724.jpg

巨峰の満腹腹に
追い打ちをかけてしまった。


s-20201003IMG_2729.jpg

一万坪あるそうで

s-20201003IMG_2733.jpg

散策してみると、

s-20201003IMG_2744.jpg

青空に揺れるコスモスは

s-20201003IMG_2745.jpg

爽やかですナァー

s-20201003IMG_2739.jpg

s-20201003IMG_2742.jpg

バラ園も手入れ良く


s-20201003IMG_2753.jpg

咲いておりました。

s-20201003IMG_2761.jpg

以下アルバムです。

s-20201003IMG_2752.jpg


s-20201003IMG_2759.jpg


s-20201003IMG_2758.jpg



s-20201003IMG_2764.jpg


s-20201003IMG_2779.jpg



s-20201003IMG_2771.jpg




s-20201003IMG_2719.jpg



s-20201003IMG_2778.jpg

山梨は続く・・・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

ブドウ狩りにいった!!

s-2020100320201002_093359.jpg

奥多摩を通って
山梨の勝沼に


s-20201003IMG_2702.jpg

ブドウ狩りに行った!!

s-2020100320201002_1109578.jpg

今はやっているシャインマスッカトは
皮ごと食べられて美味しいそうだが
たいそう高いノウ。


s-2020100320201002_111403.jpg

巨峰食べ放題
45分1000円コースを選んで
カゴとハサミをもってテクテク歩いて
ブドウ畑に連れていかれた。


s-2020100320201002_115356.jpg

青空が眩しいゼッ

s-20201003IMG_2687.jpg

5房食べると
1房200円になるので
頑張ってみたが、


s-20201003IMG_2695.jpg

お腹が痛くならなくて
良かった。

ブドウ狩りも年中行事に
加えてもいいなぁー

山梨は続く・・・・・



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

ゴールデンウィークらしい事を

ss-20190504IMG_8661.jpg 

ゴールデンウィークらしい事を
しようって事になって

ss-2019050420190503_095902.jpg 

朝一で秩父羊山公園に

ss-2019050420190503_095907.jpg 

芝桜を見に行った。

ss-2019050420190503_100006.jpg 

もう終わりかけていたけれど
十分楽しめた。


ss-20190504IMG_8691.jpg 

次に近い順からTELして
遠くにまだいちごの残っているいちご園をみつけて、

ss-20190504IMG_8709.jpg 

いちご狩りに

ss-20190504IMG_8704.jpg 

30分1200円だが、
もう30分食べ続けることは

ss-20190504IMG_8705.jpg 

出来なかった。

ss-20190504IMG_8706.jpg 

十分美味しかったので、
ここはチャンスがあればまた行きたい。

・・・・続く・・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

天空のポピーを見に行った!!

天空のポピー

IMG_1985b-201805127.jpg

埼玉県皆野町と東秩父村にまたがる秩父高原牧場内のポピー畑では、標高500メートル、面積5.0haの敷地内に約1500万本のシャレーポピーが植栽されている。

IMG_1999b-201805127.jpg

遠くから見ると
緑のバックに赤い花は地味だったが、


IMG_2039b-201805127.jpg

近づいて見ると
綺麗だねっ。


IMG_2067b-201805127.jpg

埼玉B級ご当地グルメ王決定戦優勝の

IMG_2077b-201805127.jpg

秩父名物みそポテト
ジャガイモの天ぷらに甘めの味噌だれがかかったもので、おかずやおやつ、おつまみとして定番の秩父の名物料理。秩父地域のスーパーなどで、惣菜売り場に置かれているところも多い。 甘辛い味噌にホクホクとしたジャガイモのコラボレーションは絶品!!.


IMG_1991b-201805127.jpg

は旨くて安くて量が多く
良かった。


IMG_1995b-201805127.jpg

フィギャーを持ってきて
写真を撮っている人もいて
色んな趣味があるのだなっと
感心いたしました。


IMG_2042b-201805127.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

秩父中津川渓谷  神庭洞窟遺跡 神庭鍾乳洞  氷壁

IMG_8471b-20180107.jpg

神庭洞窟
秩父市三峰字女夫岩139番地1


IMG_8474b-20180107.jpg

 
県指定 平成五年三月十日
神庭洞窟遺跡は約5万年前に眼下を流れる荒川によって、石灰岩の下部にある比較的柔らかな片岩部が侵食されて形成されたものである。こうした洞窟は天然の住居として古くから人々に利用されてきた。
神庭洞窟は過去、三回の調査によって縄文時代から近世に至るまでの遺物が確認されており、極めて長期間にわたって人々が継続的に移り住んでいたことが明らかとなった。特に縄文草創期(一万二千年前)の石器(石槍・掻器)と共に発見された隆起線文土器は、日本最古の土器群の一つでもある。
この洞窟は石灰岩洞窟であり、そのために動物等の骨が良好に保存されていた。人骨をはじめ、サル、クマ、イノシシ、ウサギ、タヌキ、カモシカ、リス、ムササビ、そして魚類(サケ科)の骨が発見された。これらの中には石器による解体時の傷跡をとどめるものもあり、縄文人がこれらの動物を食料としていたことを示している。
このように神庭洞窟からは石器・土器という遺物に加え、縄文人が食料とした動物の遺体が検出され、山間部における縄文時代の人々の生活を知るうえで、学術上極めて貴重な遺跡である。
埼玉県教育委員会 大滝村教育委員会


IMG_8479b-20180107.jpg

IMG_8495b-20180107.jpg

IMG_8485b-20180107.jpg

IMG_8486b-20180107.jpg

IMG_8491b-20180107.jpg

神庭鍾乳洞は、神が天から降り立つ場所という名前の由来を持つ鍾乳洞です。約1万年前の旧石器時代や縄文時代の骨や動物の骨、日本最古の土器郡のひとつでもある隆起線文土器が出土している遺跡です

IMG_8492b-20180107.jpg


IMG_8498b-20180107.jpg

IMG_8507b-20180107.jpg


IMG_8514b-20180107.jpg

中津川の氷壁

 奥秩父の厳しい寒さが創った「中津川の氷壁」は、秩父市中津川の出合地区にある断崖絶壁の岩肌にしみでる水が凍ってできる冬の芸術です。荒川支流中津川の大自然の中にできあがるこの氷壁は、まるで絶壁の岩を滝が流れているかのように見えるもので、1年で最も寒さの厳しい1月中旬から2月下旬頃まで見られる。


IMG_8515b-20180107.jpg

IMG_8520b-20180107.jpg

IMG_8526b-20180107.jpg

IMG_8527b-20180107.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村↑↓ 押してチョ!!

秩父  旧中津川小学校 廃墟?

秩父中津川渓谷を走っていて
吊り橋が見えたので
脇道にそれたら
旧中津川小学校があった。


IMG_7035b-20171108.jpg

中津川小学校  1984年3月28日廃校
 
IMG_7039b-20171108.jpg

木造校舎のあった場所が
広い空き地に


IMG_7038b-20171108.jpg


IMG_7036b-20171108.jpg


IMG_7042b-20171108.jpg

鉄工所で作ったような
角の立った鉄棒


IMG_7043b-20171108.jpg

体育館が残っていて、

IMG_7049b-20171108.jpg

ドアが開いている。

IMG_7052b-20171108.jpg

怪しげな気配は感じなかったが
尻尾を巻いて退散

オラは霊感が強いので
廃墟は苦手です!!



IMG_7053b-20171108.jpg

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

失意の放浪は続く!! 雨の花園で途方に暮れる

猪俣の百八燈・第13回美里夏まつり花火大会の中止を、
花園農産物直売所で知った。


IMG_4359b-20170826.jpg

昼から夜九時まで曇りだった天気予報も外れて
本降りになってきた。


IMG_4360b-20170826.jpg

仕方ないので
グーグルマップに近くの観光地!!
と聞きながら帰ることにした。

寄居町 夫婦滝
雨で水量が増えていい感じ、
普段はもっと水量が少ないのだろう。


IMG_4368b-20170826.jpg

東京発電 玉淀発電所
埼玉県大里郡寄居町末野
JR八高線、秩父鉄道 寄居駅より約2km


発電所諸元
歴史
所有:埼玉県企業局[運開]-東京発電[現在]
昭和37(1962)年10月   :着工
昭和39(1964)年 6月   :運用開始
平成20(2008)年 3月31日:東京発電へ移管
発電の区分
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム式
発電方式(水の利用方法):調整池式
出力
認可最大出力:4300kW
  常時出力: 570kW
年間総発電量:17805MWH(1780万5千キロワット時)
年間可能発電量:19108MWH(1910万8千キロワット時)
水量
最大使用水量:30.00立方メートル毎秒
落差
最大有効落差:16.80m
設備
水車発電機:横軸円筒型カプラン(チューブラータービン)水車+横軸回転界磁型三相交流同期発電機 出力4300kW×1台
       定格回転数:300rpm、定格出力電圧:6600V
放水路:幅7.00m×高7.32~4.00m、総延長17.2m
標高
取水位標高:101.00m
放水位標高: 84.00m
面積
流域面積:893.0平方キロメートル
河川  荒川

IMG_4374b-20170826.jpg

満水になって、
とんでもない量の放水をしていた。


IMG_4382b-20170826.jpg

本日一匹目の蝸牛君

IMG_4386b-20170826.jpg


IMG_4391b-20170826.jpg

天空のポピー牧場

埼玉県皆野町と東秩父村にまたがる秩父高原牧場内のポピー畑では、標高500メートル、面積5.0haの敷地内に約1500万本のシャレーポピーが植栽されています。


IMG_4392b-20170826.jpg

開花時期は5月中旬~6月上旬だそうだ。

IMG_4393b-20170826.jpg


IMG_4395b-20170826.jpg


IMG_4406b-20170826.jpg

聖 神 社(ひじりじんじゃ) -秩父市指定有形文化財-
 和銅の発見、献上を喜ばれた朝廷は、勅使を遣わし祝山に神籬(神霊の宿るところ)を建てて金山彦尊を祀り祝典を挙げました。聖神社の創建は和銅元年2月13日で、祝山から銅洗堀を隔てて、蓑山(箕山、美野山、美の山)を背にした清浄の地を選んで遷座せられ、オホヒルメムチノミコト(天照大神)、クニトコタチノミコト(国常立尊)、カムヤマトイワレヒコノミコト(神武天皇)が併せ祀られました。

 その創建当時、採掘された和銅石13個(神社に現存するのは大小2個)と、元明天皇下賜の銅製の蜈蚣(百足)雌雄一対が御神宝として納められ、今に伝えられています。

 養老6年(722)11月13日には元明天皇を元明金尊として合祀し、秩父の総社と称されました。社殿は創建以来数度の改築があり、現在に残るのは文化4年(1807)8月再建のもので、昭和38年(1963)社殿を秩父市中町の今宮神社本殿から移築改修したことにより、旧本殿は脇に移され、大国主命を祀る和銅出雲神社として奉斉されています。ところで、現社殿ですが、一間社流造りの本殿と入母屋造りの礼拝殿からなり、江戸中期宝永6~7年(1709~10)の建築で、大宮郷の工匠大曽根与兵衛によって建立されました。彫刻は桃山期の遺風をわずかに残した活気に満ちたものです。「聖神社の社殿」として秩父市指定有形文化財になっています。

IMG_4407b-20170826.jpg


IMG_4458b-20170826.jpg

IMG_4411b-20170826.jpg

ここの狛犬は
イノシシ??


IMG_4418b-20170826.jpg


IMG_4442b-20170826.jpg

和 銅 遺 跡 
 慶雲5年、西暦708年、武蔵国秩父郡から銅が献上され、これを喜んだ朝廷は年号を「和銅」と改元し、日本最初の貨幣「和同開珎」を発行しました。その「和銅」が採掘された跡が、今もなお秩父市黒谷の和銅山に残されています。ここを中心とした一帯が「和銅遺跡」です。

 和銅とは精錬を要しない自然銅のことで、「ニギアカガネ(熟銅)」と呼ばれていました。和銅山に残る百メ―トルを超す二条の断層面は、当時の露天掘りの跡です。この和銅によって、唐の「開元通宝」を模し、「天地和同」「万物和同」などのめでたい言葉をもとに名付けられて、「和同開珎(わどうかいちん)」が誕生しました。〈年号は「和銅」、銭貨名は「和同」と、厳然とした区別があります〉 

IMG_4456b-20170826.jpg


IMG_4445b-20170826.jpg


IMG_4435b-20170826.jpg


IMG_4467b-20170826.jpg

本日二匹目の蝸牛君

IMG_4468b-20170826.jpg


IMG_4472b-20170826.jpg

西武秩父駅にたどり着いたら
仲見世通りがなくなっていて、


IMG_4473b-20170826.jpg

西武秩父駅前温泉 祭の湯が出来ていた。

IMG_4475b-20170826.jpg


IMG_4477b-20170826.jpg

酒売り場で
武甲正宗を全部試飲させてもらい、


IMG_4478b-20170826.jpg


IMG_4485b-20170826.jpg

武甲正宗の酒蔵まで行って、

IMG_4487b-20170826.jpg

一番小さいのを買って

IMG_4490b-20170826.jpg

雨の中、放浪の旅終了!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

hanagetora

Author:hanagetora
イキイキワクワクしていない人間を食い殺す伝説の妖獣、鼻毛虎で御座います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR