VoITUNER   ピッチを合わせろ!!   ボイトレ

IMG_6236b-20171014.jpg

インチキなピッチを矯正するために
VoITUNERをダウンロードした。


IMG_6237b-20171014.jpg

基準音は真ん中の△▽でオクターブ上下し、
まわりの音名を押すと出る。


IMG_6238b-20171014.jpg

針のチューナーが付いていて、
真ん中に来るように声の高さを調節する。


IMG_6244b-20171014.jpg

ファルセットが一番合いやすく、
ハミング、チェストボイスの順に合わなくなる。


IMG_6239b-20171014.jpg

半音上から降りてみたり、
ファルセットをチェストに変えてみたり
ピッチがピッと合うように
熱烈修行中であります。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

ファルセットの呼吸法-2  百会      ストロー5cm の息 ファルセットの呼吸法 チョッピリでいいんだ!! の続き

百会
天からの気の入口で、
脳の視床下部につながっている。


IMG_5860b-20171007.jpg

まぁ、今日も思っただけの与太話であります。

師匠のファルセットを再現すべく
色々と試みている。

綺麗なファルセットを流すには
百会のツボを通すと上手くいく。


IMG_5864b-20171007.jpg

目の裏、鼻の裏で吸い上げたチョッピリの息は、
百会のツボを通って
印堂を通って顔の前をフワフワっと漂う。

この時一切力んではいけない。
目の裏、鼻の裏でチョビッと息を吸い上げるのと、姿勢を保つ最低限の力のみだっ。


IMG_5867b-20171007.jpg

目の裏、鼻の裏には、
前頭洞、鼻腔があり

体の構造とも合致しているんだねッ


IMG_5868b-20171007.jpg

ファルセット初級編の巻

中級になると体の力は抜いたまま、
声帯のみ力を入れるらしい!!
これはまだ習っていない。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

ストロー5cm の息 ファルセットの呼吸法 チョッピリでいいんだ!!

ファルセットの場合
目の裏鼻の裏で息を
チョッピリ吸い上げる!!


IMG_5753b-20170928.jpg

 ストロー5cmに入ってるくらいの
息をシュッと軽く吸い上げる。


IMG_5754b-20170928.jpg

吸い上げた少量の息は
顔の前にある滑り台から
スルッと降りて
フワフワッと漂う。

肩を下げ、姿勢を保つだけの最小の力
だけを用いる。

美しく響かせるには
間違っても腹に力など入れてはいけない。


・・・・・ファルセット初級編・・・・・ これから先はまだ習っていない


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

スプーン一杯の息  息の吸い方  ボイトレ   口蓋垂(こうがいすい)に軽く息があたる程!!  チェストボイスの場合

レッスンの時息を吸うなっ!! と言われる。
無茶を言うよネッ  


IMG_5577b-20170920.jpg

チェストボイスの場合は
軽く息が口蓋垂(喉チンコ)にあたり、
清涼感を感じるほどが良い。


IMG_5580b-20170920.jpg

それ以上気管まで吸い込むと
吐くときに腹圧がかかり
美しく響く声にならない。

美空ひばりは
普段生きている時より少ない

大スプーン一杯の息を吸い込むのではなく
ぱくっと口に含むだけで歌っている!!


ファルセットの息の吸い方に続く・・・・・・

うちの師匠は脱力派なので、違う歌い方を否定する訳ではありません。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

気功的ボイトレ 印堂がファルセットで人中がチェストボイス!!

IMG_5127b-20170912.jpg

まっ、思っただけの与太話なのだが、

発声と気功を結びつけると
上手く出来ると感じている。

ファルセットで歌う時は印堂が、
チェストボイスでは人中が
イメージ上の口になる!!


IMG_5128b-20170912.jpg

印堂は脳下垂体とつながっていて、
第三の目とも呼ばれている。

ファルセットはこの印堂を上端として
上唇の上までの顔の前で響かせる。


IMG_5129b-20170912.jpg


人中は督脈に属する。

鼻は、呼吸により天の気を入れる。口は、飲食により地の気をコントロールする。このツボは天の下、地の上、その中間の人の位置に属すので、「人中」と呼ばれてる。

チェストボイスは人中を上端として
下唇の真ん中から上、
口の前で響かせる。

ファルセットもチェストボイスも
前の方で響かせるのが大切だ。

それぞれに合わせた呼吸法は
続く・・・・


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

ピッチを合わせよう!! 鍵盤とお友達に  ボイトレ

元からピッチがインチキだった。

喉がフワッと開くようになったら、
楽になってもっとピッチが解らなくなった!!


IMG_4861b-20170901.jpg

たぶん喉を締めて合わせていたのだと思う。
でっ、ピアノの人に音痴は少ないようなので
鍵盤とお友達になろうと決めた!!


IMG_4879b-20170901.jpg

毎朝電車の中で
タブレットにイヤホンをして
裏でメトロノームを回し、


IMG_4878b-20170901.jpg

片手づつ伴奏やメロを引いて
遊んでおります。

電車の中では両手を一緒に弾けないので、



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

祝!!!!5オクターブ達成  ボイトレ

ボイトレに行きだして苦節2年半
5オクターブ押さずに声が出るようになった!!

スケールレッスンの音域を
自分で鍵盤で追ってみたら
C1からC6まで出ていた。


IMG_4173b-20170809.jpg


師匠に
貴方は普通に歌えるようになるのに
5年はかかるわね
と言われたが、

早く歌が上手くなりたいゾウ!!


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

サンドバッグでリズムトレーニング  ボイトレ

リズムトレーニングをしていて
オラの左半身は右半身より
かなり鈍臭い事に気付いた!!

毎日メトロノーム相手に太ももや
テーブル叩いていても
向上に限界が来たので


IMG_3148b-20170709.jpg

サンドバッグを新しい練習相手に加えた。
左右同じようにパンチして
キック出来るようになって
リズム感の向上を図りたい!!



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村↑↓ 押してチョ!!

顎の開度を広げる  -5  円皮鍼  効くものは何でもやってるっ!! ボイトレ

顎の開度を広げるために
円皮鍼を貼った!!

シールで貼ることができる、鍼がちょこっと出ているもの。

オラは心の緊張で
首の筋が張り、
咀嚼筋も凝っているようだ。



IMG_2851b-2017074.jpg

心の緊張を取るために
後渓


肩コリ、目の疲れ、寝違えやメンタル面の諸症状にも効果があるツボ。筋肉の緊張やこわばりを緩和したり、痛みを鎮める効果がある。

koukwi-2.jpg


こぶしを作ったときにできる小指側の2本線のうちの、下の線のいちばん外側にある。押すと軽い痛みがある。

IMG_3070b-2017074.jpg

膻中

dantyu-2.jpg

胸部痛、腹部痛、心悸、呼吸困难、咳、精神的疲労を緩和する。イライラ、ストレス、不安感、気分が塞ぐ、憂鬱等に
自律神経を整えメンタル系に効果的なツボ

胸骨体正中線上で、両乳頭間の中央、胸骨体のやや窪んだところ


円皮鍼で首筋の緊張が取れてきて
姿勢、顔の形が変わって
顎の開度も広がってきた。

声帯のコントロールの質が向上して
声が豊かになり発声が楽になってきました。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村↑↓ 押してチョ!!

顎の開度を広げる-4  響く声の為に ボイトレ

顎関節を動かす咀嚼筋は

kamiawase-2.png

咬筋
頬骨と下顎骨を結び、下あごを拳上する。

側頭筋
左右の側頭部と下顎骨を結び、下あごを拳上及び後方に動かす。

外側翼突筋
側頭骨と下顎骨を結ぶ、頬骨の裏側にある筋で下あごを前方に動かす。

内側翼突筋
側頭骨と下顎骨を結ぶ、頬骨の裏側にある筋で下あごを上に挙げる。

がある。

IMG_3004b-20170630.jpg

この筋肉が凝っていると
顎関節症になり、
顎ばかりでなく
全身が歪んでしまうので大変だっ。


IMG_3003b-20170630.jpg

今回のテキストは
歯はいのち! 笠茂享久

顎関節を治療するために
整体を取り入れている歯科医さんによると


IMG_3002b-20170630.jpg

頭頂、おでこ、側頭と
足の中指の付け根を
よくマッサージする。

ついでに凝っている
咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋も
よく撫ぜ撫ぜしておく。


これで随分顎関節の自由度が上がってきたが、
もっと打つ手はある。
続く・・・・・・・



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村↑↓ 押してチョ!!
プロフィール

hanagetora

Author:hanagetora
イキイキワクワクしていない人間を食い殺す伝説の妖獣、鼻毛虎で御座います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR