FC2ブログ

砥石を買った!!  少し高いのを買うと よく研げる。


s-20190314IMG_7912.jpg 

毎日アマゾンの価格をチェックして
安いときに砥石を買った!!

s-20190314IMG_3908.jpg 

これまでは安くて
両面使えるやつだったので、

s-20190314IMG_5473.jpg 

うまく研げなかったが、

s-20190314IMG_7478.jpg 

チョット高いのを買うと
よく研げますなぁー

s-20190314IMG_7483.jpg 


台所の包丁も研いでみたが、
あまりに切れすぎて
皆が使うには危ないので
すぐ刃をつぶしました



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

革砥を作った!!(フェルトだけど)  ナイフを研ごう

ナイフを砥石で研いだ後の仕上げや、
チョビッと切れ味が鈍った時に、
革砥を使う!!


s-201801117IMG_5710.jpg

買うとお金が減るので
自作した!!


s-201801117IMG_5711.jpg

まず木の切れ端のササクレが
手に刺さらないように
ペーパーをかける。


s-201801117IMG_5712.jpg

革は高いので
100円ショップでフェルトを買ってきて、


s-201801117IMG_5713.jpg

両面テープで
クルリと一周巻きつけて
完成!!


s-201801117IMG_5715.jpg

研磨剤は通常
赤棒・白棒・青棒なんてのを
使うのだが、


s-201801117IMG_5716.jpg

わが国には
ピカールなる優秀な研磨剤があるので
それで十分!?!?


s-201801117IMG_5719.jpg

ピカールを塗り伸ばして
その上をナイフでなでると
切れ味向上!!


s-201801117IMG_5721.jpg

あまり鋭い歯だと
手がスパスパ切れちゃうので
少し鈍めに留めた。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

キャンプに行こう!! まずはデイキャンプ の準備

s-201801107IMG_5470.jpg

アウトドア用品を買っちゃったので
始めるアウトドア


s-201801107IMG_5473.jpg

週末にデイキャンプに行くので
準備に


s-201801107IMG_5476.jpg

持っていくナイフと斧を研いだ。

s-201801107IMG_5477.jpg

まず行ってみて、
テントとタープが
まともに張れて
御飯が食べられれば成功との
低い目標を設定した。

まず行かなきゃ始まらない
・・・・・続く・・・・・



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
↑↓ 押してチョ!!

OPINEL(オピネル) カスタム   組み上げて試し切り

IMG_4070b-20180827.jpg

完成間近でピンをなくしてしまった
OPINEL(オピネル) カスタム 


IMG_4073b-20180830.jpg

DOITに行って
3㎜のビスを買ってきた!!


IMG_4074b-20180830.jpg

頭が半丸かサラが欲しかったが
丸しかなくて
大変な事になってしまった。


IMG_4075b-20180830.jpg

グリップ、ブレード、ロック金物の
穴を全部3㎜に広げ


IMG_4077b-20180830.jpg

組み込んでみた。

IMG_4078b-20180830.jpg

木部にネジ山が食い込み
しっかりと固定された


IMG_4080b-20180830.jpg

長い余ったビスを
ニッパで切り取り、
やすり掛けしてロック金物を
組み込んでみたら、


IMG_4084b-20180830.jpg

丸頭がデッパッて

IMG_4085b-20180830.jpg

ロック金物が回らなくなってしまった!!

IMG_4087b-20180830.jpg

ヤスリで削って
何とか組み上げ完了。


IMG_4111b-20180830.jpg

現地おフランスでの販売価格
数百円の使い捨てナイフが


IMG_4091b-20180830.jpg

なんだかカッコよく感じるのは
手間をかけ心をこめた
いわゆる自己マンだなっ


IMG_4093b-20180830.jpg

完熟トマトで
試し切りをしたが、
まあまあ切れた。


IMG_4098b-20180830.jpg

OPINEL(オピネル) の魅力は
惜しげなく使えるところにあるので
今度ピクニックに持って行こう。
バゲット、ハム、チーズ、トマト等を切るのが
似合いだと思う。


IMG_4099b-20180830.jpg

使い込んで微調整をし、
手に馴染んで来たら完成、

・・・・・・続く・・・・・・





にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カスタム 完成に至らず!!

IMG_3928b-20180827.jpg

これがOPINEL(オピネル) カスタムの
完成形なのだが、


IMG_3909b-20180827.jpg

まず、ブレードの黒錆加工の為に
紅茶と酢を用意して、


IMG_3910b-20180827.jpg

煮たてて濃い 紅茶を
作っている間に、


IMG_3912b-20180827.jpg

もう歯はついているので
サラリと軽く砥いでおく。


IMG_3917b-20180827.jpg

さました紅茶に
酢を2割ほど注ぎ、


IMG_3920b-20180827.jpg

エタノールで脱脂したブレードを
1時間漬けこんだ。


IMG_3923b-20180827.jpg

泡が出て
溶液の色が変わったら


IMG_3924b-20180827.jpg

黒錆加工の出来上がり!!

IMG_3926b-20180827.jpg

さらにFeed-N-Wax フィーデンワックスで磨き、
ピッカピッカに


IMG_3650b-20180815.jpg

一晩乾かして
朝グリップに組み込もうと思ったら、
小さい部品なので
無くさないように気を付けていた
ピンが無くなっていた。

完成に至らず!!  次回に続く・・・・・・





にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-4 グリップ表面保護

グリップの表面保護をするために
乾性油に漬けこむのは
OPINEL(オピネル) カスタムの常道で、  


IMG_3781b-20180823.jpg

ネットの記事を見ても
皆さんAMAZONで
ウォールナッツオイル
胡桃オイル亜麻仁油を買ってらっしゃる。

これらの油は揮発することで
樹脂になる乾性油で、
木材に浸透すると樹脂化して
木の補強や防水効果を発揮する。


IMG_3879b-20180823.jpg

が、しかし送料込
¥ 1,409のナイフをカスタムするのに
800円も900円も出したくないので
3週間代用品を悩みつつ考えた!!


IMG_3783b-20180823.jpg

ウチの中にある油で
馬油、胡麻油
オリーブオイル
サラダ油は全部駄目で、

じゃっ、ワックス類では
カルバナワックスの入った
カーワックスは臭すぎて駄目で、
100円ショップでろうそくを買ってきて
蝋で煮てみようかと思ったけれど
べた付きそうだし、・・・・・・・・


IMG_3784b-20180823.jpg

でっ、ギターを磨く
Feed-N-Wax フィーデンワックス
(ビーズワックス(蜜蝋)、カルナバワックス、オレンジオイルを配合したワックス)があるのを思い出し
これでやることにした。


IMG_3851b-20180823.jpg

feed-n-waxの特徴

・塗装済や、無塗装の木の木目の天然の美しさと深みを高めてくれます。

・あらゆる木部塗装の乾燥と劣化、キズなどを防止します。

・あらゆる木の表面を磨いてやさしい光沢を与え、天然ワックスのコーティングで保護します。

・レストアフィニッシュ使用後の修復した塗装状態を維持します。

だそうで、


IMG_3880b-20180823.jpg

塗ってみると
無塗装の木材の
暖かいぬくもりが感じられる
良い仕上げになった。

次はブレードを仕上げて
組み込んでみたい。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-3 グリップ加工

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9の
木製グリップ


IMG_3661b-20180820.jpg

ナイフ、金具との接触面の
精度を上げるべく


IMG_3656b-20180820.jpg

棒やすりで磨いた。

IMG_3665b-20180820.jpg

潰れて歪んでいるピンも
真っ直ぐに!!


IMG_3756b-20180820.jpg

手に馴染むよう
形を変えたいので、


IMG_3757b-20180820.jpg

近所の心優しい職人さんに
高速カッターを借りて


IMG_3758b-20180820.jpg

ザックリと荒削りをした。

IMG_3759b-20180820.jpg

布ペーパーの
100番180番で


IMG_3762b-20180820.jpg

大体の形に整え、

IMG_3768b-20180820.jpg

耐水ペーパーの

IMG_3771b-20180820.jpg

240番480番1000番1500番で
磨いてゆくと


IMG_3772b-20180820.jpg

あら不思議

IMG_3780b-20180820.jpg

握りやすいピカピカのグリップの
出来上がり


IMG_3782b-20180820.jpg

このグリップの
表面保護をどうするか
まだ思案中ナリ・・・・・・




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-2  ブレード研磨  鏡面加工まではしない!!

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 
分解したので
ブレードを磨いてゆく!!


IMG_3509b-20180810b-20180818.jpg
                           
GERBERと比べると
遠目にも輝きが違うねっ。


IMG_3684b-20180818.jpg

ヘアライン(金属の表面の、単一方向の髪の毛ほどの細かい傷)
が縦に入り、

IMG_3658b-20180818.jpg

細部の処理も
プレスで打ち抜いたままの
ラフなものになっている。


IMG_3668b-20180818.jpg

耐水ペーパーの
400番1000番1500番のセットで


IMG_3682b-20180818.jpg

研磨して

IMG_3686b-20180818.jpg

ヘアラインを消してゆこう。

IMG_3691b-20180818.jpg

均一に磨くため
木片を当てて
ペーパーをかけ、


IMG_3711b-20180818.jpg

400番→1000番→1500番と
番号を上げ
(番号が大きいほど粒子が細かい)

IMG_3712b-20180818.jpg

ゴシゴシ磨くと
ヘアラインが消えて行く。


IMG_3713b-20180818.jpg

ブレードの材質が柔らかいので
思ったより簡単に削れる。


IMG_3716b-20180818.jpg

次にピカールで磨き上げ
ヘアラインはほぼ消えて


IMG_3721b-20180818.jpg

鏡面の手前までの
輝きを手に入れた。

IMG_3722b-20180818.jpg

この時点で
コピー用紙をスパスパ切るほどの
歯はついているが、


IMG_3719b-20180818.jpg


次回ブレードは
砥石で研いだ後
黒錆処理をする予定、

ステンレスではないので
何もしないと
赤さびに覆われてしまうのです!!


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-1  まず分解

IMG_3506b-20180810.jpg

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9

IMG_3510b-20180810b-20180815.jpg

現地おフランスでの販売価格
数百円の使い捨てナイフの


IMG_3536b-20180815.jpg

欠点を補い
長い使用に耐えるものにしたい。


IMG_3537b-20180815.jpg

まずロック金具が
飛んでいかないよう
テープをかけて、


IMG_3538b-20180815.jpg

ロックしたまま
ブレードを起こすと、


IMG_3540b-20180815.jpg

ロック金具がはずれる。

IMG_3542b-20180815.jpg

次にナイフを固定してるピンの

IMG_3544b-20180815.jpg

平たい方を
やすりで平らにする。


IMG_3545b-20180815.jpg

ハンマーと
精密ドライバーでぶっ叩けば


IMG_3648b-20180815.jpg

分解は完了ナリ!!

IMG_3651b-20180815.jpg

組み込みの段階で
ピンの頭にプレスをかけて
処理しているので
ピンが曲り、潰れているのも
微笑むべき愛嬌だねっ!!


IMG_3650b-20180815.jpg

次はハンドルの整形、
ブレードの磨きになると思う。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9  仏蘭西国の肥後の守

オラはフォールディングナイフの
コレクションをしている!!

IMG_3506b-20180810.jpg

ついに誘惑に負けて
OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 を
Amazon  でポチしてしまった。


原産国:フランス
材質:ブレード/ハイカーボンスチール、ハンドル/ブナ
ブレード:90mm
¥ 1,409

higonokami-1.jpg

オラの分類ではOPINELは
フォールディングナイフではなく、
ガキの頃竹とんぼを作るのに使っていた
肥後の守の類(たぐい)に属する。


IMG_3507b-20180810.jpg

OPINELの魅力は
安価で作りが雑で
欠点が多い事にあるようだ。


IMG_3508b-20180810.jpg

GERBERなどは
完成された魅力を持ち
手の入れようがないが、


IMG_3510b-20180810.jpg

OPINELはブナ製のハンドルが
水を吸って膨張し
刃の出し入れが出来なくなるわ、

端から切れる刃が付いてないわ、

刃がカーボンスチールで
バリバリさびるわで

香ばしい仕様になっている。


IMG_3511b-20180810.jpg


この欠点を自分で手を入れ改良し、
オリジナルカスタムを作る過程を
ボチボチレポートしてゆきたい。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

hanagetora

Author:hanagetora
イキイキワクワクしていない人間を食い殺す伝説の妖獣、鼻毛虎で御座います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR