FC2ブログ

桃園川緑道.

中野の街を散策して

IMG_2437b-20180710.jpg

桃園川緑道を歩いた。

IMG_2436b-20180710.jpg

桃園川緑道の沿革
『桃園川緑道』は元来、天沼の弁天池(天沼三丁目地内)を水源として東流し、末広橋(中野区内)で神田川に合流する『桃園川』と呼ばれた小河川でした。
『桃園川』の名は江戸時代初期に付近の『高円寺』境内に桃の樹が多かったことから将軍より地名を『桃園』とするよう沙汰があったことに由来しています。(その後、桃園は中野に移されています。)
江戸時代中期には『千川上水』から分水したり『善福寺川』から『新堀用水』を開削し、導水するなどして、『桃園川』沿いの新田開発が、進められました。
大正末期には、この付近も関東大震災を契機とした都市化の波を受け、川沿いの地区は耕地整理が行われ数条に分岐していた『桃園川』も流路が整えられ、それに伴い水田風景も姿を消しました。
その後、『桃園川』は宅地化の進む中で大雨の度に氾濫を繰返し、川沿いの地区に被害をもたらしましたが、昭和42年、東京都下水道局により桃園川幹線として暗渠化され、以降、水害も治まり河川としての使命を終えました。
杉並区では、昭和44年、この地上部分を中野区境から中央線までの区間、整備し、『区立桃園川公園』として開園しました。その後、施設の老朽化に伴い、平成元年より五ヵ年をかけ再整備を行い、緑と花のプロムナード『桃園川緑道』として新しく生まれ変わりました。
平成6年3月

IMG_2449b-20180710.jpg

そこで木造家屋の洒落たカフェを
見かけたので、


IMG_2452b-20180710.jpg

今度行ってみたい。

IMG_2448b-20180710.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

Secret

プロフィール

hanagetora

Author:hanagetora
イキイキワクワクしていない人間を食い殺す伝説の妖獣、鼻毛虎で御座います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR