FC2ブログ

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-3 グリップ加工

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9の
木製グリップ


IMG_3661b-20180820.jpg

ナイフ、金具との接触面の
精度を上げるべく


IMG_3656b-20180820.jpg

棒やすりで磨いた。

IMG_3665b-20180820.jpg

潰れて歪んでいるピンも
真っ直ぐに!!


IMG_3756b-20180820.jpg

手に馴染むよう
形を変えたいので、


IMG_3757b-20180820.jpg

近所の心優しい職人さんに
高速カッターを借りて


IMG_3758b-20180820.jpg

ザックリと荒削りをした。

IMG_3759b-20180820.jpg

布ペーパーの
100番180番で


IMG_3762b-20180820.jpg

大体の形に整え、

IMG_3768b-20180820.jpg

耐水ペーパーの

IMG_3771b-20180820.jpg

240番480番1000番1500番で
磨いてゆくと


IMG_3772b-20180820.jpg

あら不思議

IMG_3780b-20180820.jpg

握りやすいピカピカのグリップの
出来上がり


IMG_3782b-20180820.jpg

このグリップの
表面保護をどうするか
まだ思案中ナリ・・・・・・




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-2  ブレード研磨  鏡面加工まではしない!!

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 
分解したので
ブレードを磨いてゆく!!


IMG_3509b-20180810b-20180818.jpg
                           
GERBERと比べると
遠目にも輝きが違うねっ。


IMG_3684b-20180818.jpg

ヘアライン(金属の表面の、単一方向の髪の毛ほどの細かい傷)
が縦に入り、

IMG_3658b-20180818.jpg

細部の処理も
プレスで打ち抜いたままの
ラフなものになっている。


IMG_3668b-20180818.jpg

耐水ペーパーの
400番1000番1500番のセットで


IMG_3682b-20180818.jpg

研磨して

IMG_3686b-20180818.jpg

ヘアラインを消してゆこう。

IMG_3691b-20180818.jpg

均一に磨くため
木片を当てて
ペーパーをかけ、


IMG_3711b-20180818.jpg

400番→1000番→1500番と
番号を上げ
(番号が大きいほど粒子が細かい)

IMG_3712b-20180818.jpg

ゴシゴシ磨くと
ヘアラインが消えて行く。


IMG_3713b-20180818.jpg

ブレードの材質が柔らかいので
思ったより簡単に削れる。


IMG_3716b-20180818.jpg

次にピカールで磨き上げ
ヘアラインはほぼ消えて


IMG_3721b-20180818.jpg

鏡面の手前までの
輝きを手に入れた。

IMG_3722b-20180818.jpg

この時点で
コピー用紙をスパスパ切るほどの
歯はついているが、


IMG_3719b-20180818.jpg


次回ブレードは
砥石で研いだ後
黒錆処理をする予定、

ステンレスではないので
何もしないと
赤さびに覆われてしまうのです!!


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 オリジナルカスタムへの道-1  まず分解

IMG_3506b-20180810.jpg

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9

IMG_3510b-20180810b-20180815.jpg

現地おフランスでの販売価格
数百円の使い捨てナイフの


IMG_3536b-20180815.jpg

欠点を補い
長い使用に耐えるものにしたい。


IMG_3537b-20180815.jpg

まずロック金具が
飛んでいかないよう
テープをかけて、


IMG_3538b-20180815.jpg

ロックしたまま
ブレードを起こすと、


IMG_3540b-20180815.jpg

ロック金具がはずれる。

IMG_3542b-20180815.jpg

次にナイフを固定してるピンの

IMG_3544b-20180815.jpg

平たい方を
やすりで平らにする。


IMG_3545b-20180815.jpg

ハンマーと
精密ドライバーでぶっ叩けば


IMG_3648b-20180815.jpg

分解は完了ナリ!!

IMG_3651b-20180815.jpg

組み込みの段階で
ピンの頭にプレスをかけて
処理しているので
ピンが曲り、潰れているのも
微笑むべき愛嬌だねっ!!


IMG_3650b-20180815.jpg

次はハンドルの整形、
ブレードの磨きになると思う。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9  仏蘭西国の肥後の守

オラはフォールディングナイフの
コレクションをしている!!

IMG_3506b-20180810.jpg

ついに誘惑に負けて
OPINEL(オピネル) カーボンスチール #9 を
Amazon  でポチしてしまった。


原産国:フランス
材質:ブレード/ハイカーボンスチール、ハンドル/ブナ
ブレード:90mm
¥ 1,409

higonokami-1.jpg

オラの分類ではOPINELは
フォールディングナイフではなく、
ガキの頃竹とんぼを作るのに使っていた
肥後の守の類(たぐい)に属する。


IMG_3507b-20180810.jpg

OPINELの魅力は
安価で作りが雑で
欠点が多い事にあるようだ。


IMG_3508b-20180810.jpg

GERBERなどは
完成された魅力を持ち
手の入れようがないが、


IMG_3510b-20180810.jpg

OPINELはブナ製のハンドルが
水を吸って膨張し
刃の出し入れが出来なくなるわ、

端から切れる刃が付いてないわ、

刃がカーボンスチールで
バリバリさびるわで

香ばしい仕様になっている。


IMG_3511b-20180810.jpg


この欠点を自分で手を入れ改良し、
オリジナルカスタムを作る過程を
ボチボチレポートしてゆきたい。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

台所のナイフ  薄歯を砥ぐのははむずかしいゾウ!!

台所で使っている
お気に入りのナイフ


IMG_9128b-20170324.jpg

歯角を大きくしたいので
荒砥で形を整え、


IMG_9129b-20170324.jpg

グレーの1000番の中砥
白の4000番仕上砥と
砥いでみたが


IMG_9130b-20170324.jpg

歯の厚みが薄いので
砥石に押さえつけると
形が変わり上手く砥げなかった。


IMG_9132b-20170324.jpg

うーん、砥ぎは奥深いなぁー

IMG_9133b-20170324.jpg

IMG_9134b-20170324.jpg

ナイフを研いでると
心が静かになって
好きだゾウ!!


IMG_9135b-20170324.jpg




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村↑↓ 押してチョ!!

砥石を買った!!

IMG_8875b-20170319.jpg

砥石を買ったので

IMG_8876b-20170319.jpg

まずキャンプに使う
小さなナイフを研いでみた。


IMG_8883b-20170319.jpg

5分間砥石を水に漬け、

IMG_8896b-20170319.jpg

まずグレーの1000番の中砥

IMG_8897b-20170323.jpg

白の4000番仕上砥は
ホーニングオイルを垂らして
砥いでゆくと


IMG_8899b-20170323.jpg

紙がサラサラ切れる
歯が付きました。


IMG_8894b-20170323.jpg

鏡面仕上げにしたいので
ピカールで磨いてみたが
縞々が出るので
モチット砥石で磨き上げが必要です


IMG_8904b-20170323.jpg

切れ味はまあまあかなっ!!

IMG_8906b-20170323.jpg




にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村↑↓ 押してチョ!!
プロフィール

hanagetora

Author:hanagetora
イキイキワクワクしていない人間を食い殺す伝説の妖獣、鼻毛虎で御座います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR